Here now
ホーム > セリフ・掛け合い > 【映画予告風】カワイイはつくれる

【映画予告風】カワイイはつくれる

2014-10-08

赤木康隆「クロちゃん、髪の毛ほどいたの?」
黒澤美和子「すみません、見苦しくて…。我慢して下さいね」
康隆「いやいやいや、そうじゃなくて。いつも解いていればいいのに」
美和子「邪魔ですから」
康隆「じゃあ、切ったら?」
美和子「……美容室、苦手で」
康隆「………」
美和子「…」
康隆「は?」

地味子と呼ばれた後輩は、よおおおく観察してみたら、

康隆「せっかく女に生まれたんだから、おしゃれしたらいいのに」

康隆の同僚「マスターこいつ、最近、地味子に入れこんでんですよ」

美和子「わ、私だって、好きで女に生まれた訳じゃないですよ!」

上司「彼氏の一人でも作れば、変わるんじゃないの?」

康隆「興味ない訳じゃないだろ?」

美和子「それは…その……」

それなりに、悪い顔立ちではなかった。

京介「ハ~イ、黒澤美和子ちゃん。康隆の友達の京介よ」
美和子「え、えっと…赤木さんの?」
京介「康隆から、美和子ちゃんを綺麗にしておいてって、云われてるの」
美和子「む、むむむむ、無理です!そんなっ!!こんな素敵な服、申し訳なくて着られませんっ!!」

地味子を可愛くしようと、

康隆「別に、入れ込んでる訳じゃない。ただ、どうなるか、興味があるだろ?」

男達は奮闘する。

京介「黒髪、伸ばしっぱなし、ストレート。美和子ちゃん…、あなた、ずぼら星から来たのかしら?」
美和子「すみませんすみませんすみません」
京介「でも、スタイル良いし。何より性格が可愛いのよね」
美和子「可愛いかは解りませんが…親には『あんたは不細工なんだから、性格だけはよくしなさい』って云われて育ちました!」
京介「胸をはらんでよろしい」

京介「あんた、派手な女の子が好きとか云って、遊び歩いてる癖に、結局好きになる子って、地味子ちゃんなのよね」
康隆「……とりあえず、顔が変わるようなメイクすんなよ?」
京介「わかってるわ。それじゃ、意味がないモノね?」

京介「はぁい、お待たせ~」
康隆「へぇ…馬子にも衣装だ…」
美和子「馬子と比べては、馬子に申し訳ないです」
京介「美和子ちゃん…。ここ、怒るとこ」

それは極上のラブコメディ。

美和子「わかってます!どうせ、私は不細工なんです!綺麗な人に不細工な人間の気持ちなんてわかりませんよ!」
康隆「なめんな!綺麗な人間がなんの努力もしてこなかったとか思ってんじゃねえぞ!」
美和子「赤木さんには、わかりませんよ!一族中で私だけが不細工なんですよ!弟と一緒に歩くと、弟が友達に笑われるんです!」
康隆「なら、努力しろ」
美和子「不細工には不細工の生き方があるんです。もう、……こんな…からかうの、止めて下さい!」
康隆「……からかってるだけなら、ここまでするかよ……」

「普通」よりちょっと「不細工な」女性の、

康隆の同僚「クロちゃん、結構カワイイじゃん」
美和子「……え?」

マイ・フェア・レディ計画実行中!

康隆の同僚「俺と、付き合ってみない?」
美和子「えっ…えええええええええええええええええ!!!!!」

映画 カワイイはつくれる

康隆(キス)
美和子「えっ……なっ!え!ええ?!」
康隆「いや、その。……キスしたら、どんな顔するのかなって」
美和子「バカですか!バカなんですか、赤木さんは!!」

サムネイル 写真素材 足成 様 http://www.ashinari.com/

 

0

コメントを残す

Top