Here now
ホーム > セリフ・掛け合い > 【映画予告風】運命の交差点

【映画予告風】運命の交差点

2015-07-26

 

占い師「もしあの時、違う選択をしていたのなら、自分はもっと違う人生を歩んでいただろう」

夏海「落としましたよ」

占い師「キャリアウーマンと」

小春「ありがとうございます」

占い師「専業主婦の」

夏海「はい、僕ー、ガラガラだよー。何歳ですかー」
小春「小太郎です、一歳三ヶ月です。ねー」

占い師「中身をチェええええンジ!!!」
夏海・小春「え??……。はあぁぁああああああ!!???」
小春(夏海)「ちょ、嘘、どういうことなのよ!!」
夏海(小春)「困ります、戻してください」
占い師「心配しなくても、九時間後には元通りですよ」
小春(夏海)「夜の十時までこのままってこと!?勘弁してよ!」
小太郎(泣く)
小春(夏海)「ああ、ごめんね、小太郎くんのことを怒ったんじゃないの、びっくりさせてごめんね」
夏海(小春)「今日のところは会社を休んで…」
小春(夏海)「そんな訳には行かないわ、三ヶ月前からずっと大事に進めて来た商談があるの。みすみす潰せない。お願い、協力してください」
夏海(小春)「えっ!?」
小春(夏海)「私の代わりに進めて来て」
夏海(小春)「ええええええええええ

占い師「面白いことになりましたね」
夏海(小春)「あなたが言わないで!」
小春(夏海)「あんたが言うな!!」

占い師「これは、もしかしたらあったのかも知れない未来の話」

夏海(小春)「プレゼンなんてしたことないです、無理!」
小春(夏海)「あと一時間で叩き込むよ」
高田[夏海の同僚]「なんか今日、雰囲気違うね」
夏海(小春)「そ、そんなことないですよ」
小春(夏海)「小太郎くん、泣かないで…」
夏海(小春)「私の大切な子供なんです、よろしくお願いします」
駿太郎[小春の夫]「和食作るの苦手じゃなかったの?すごい嬉しい!」
小春(夏海)(料理本に付箋ついてたけど、練習中ってこと!?)
高田「俺、今までお前がそんなに可愛い所があるって知らなかった」
小春(え、えええええええ!!!)
夏海(小春)「こ、困ります、困ります!!」
駿太郎「何か今日、違うよね」
夏海(ばれた!?)
駿太郎「色っぽい」
小春(夏海)「えええええええええ!!!!!!!」

占い師「もし、あのとき、違う選択をしていたら、」

小太郎「(笑い声)」
夏海(あ、笑った……笑った…)
高田「頑張ったかいがあったね。お前、よくやったよ」
小春(久し振りに、褒めて貰った気がする)

占い師「違う未来が、あなたを待っていたでしょう」

夏海(あの時、プロポーズを断っていなければ、)
小春(あの時、仕事を辞めていなければ、)
夏海(こんな未来もあったのかも知れない)
小春(こんな未来もあったのかも知れない)

「映画 運命の交差点」来春、公開

高田「夏海、って呼びたい…」
夏海(この九時間で一体何があった!!!!)

サムネイル 写真素材 足成 様 http://www.ashinari.com/

0

コメントを残す

Top